福島市|郡山市|いわき市|会津若松市|アルバイト・パート・正社員などの福島県内の求人情報が満載。お祝い金ももらえる!

面接でよく聞かれる質問と対策方法を考え内定を勝ち取る《Part1》

セミナー

「面接」は就職・転職活動において避けて通れない道です。
大多数の人は緊張で思うように話しが出来なかったり、予想外の質問に頭が真っ白になってしまうなど、本来の能力を発揮できずに後悔する場面があるのではないでしょうか。

そこで、事前にどんな質問をされるのかとその意図や対策方法を準備して本番のお面接に備えましょう。

 

面接でよくある質問

 

Q1.当社になぜ応募したのですか?

知らない会社の話しをすることはできません。事前に応募先の情報集が不可欠です。
企業のホームページに書いてある経営理念や商品、サービスなど調べればすぐに分かることは、他の応募者もチェックしていることが多いため、ありきたりな回答をするだけでは印象に残りません。しっかりと企業研究を行い、自分の経験が会社の利益につながることを具体的に述べてください。他の応募者との差別化が図れるよう、志望理由を自分の言葉で表現しましょう。

 

Q2.どうしてこの職種を希望したのですか?

異業種からのキャリアチェンジ希望者や、経験が浅い応募者に対し、厳しい判断を下すものです。
「興味がある」「新たな挑戦」などの理由が通用するはずがありません。経験のある職種の場合は、自分の経験を細部から具体的に語り、会社への貢献度を感じさせることが大切です。
未経験者がどれほど「一生懸命やります」とアピールしても、その意欲が本物であることの証明にはなりません。そのハンディをカバーするには、仕事そのものは未経験であっても会社に貢献できる部分があることをアピールするのが基本です。業務の詳しい内容を把握し、自分の持っている知識・技術・経験を関連付けて「何ができるのか」「どれくらい貢献できるのか」を話しましょう。

 

Q3.当社で何がしたいのですか?

志向を確認し、方向性や認識の違い、業務についてどれくらい理解しているか?を量ることが目的ですので、臆することなく「できること」「やりたいこと」を堂々と述べてください。
自分がその業務を希望する理由を明確に語るためには、自己分析をしっかりと行うことが重要です。自分のできることは何か、自分のやりたいことは何か、そして自分に適していることは何なのか、きちんと自己分析を行っておいてください。

 

Q4.なぜ前の会社を辞めたのですか?

退職理由から、応募者がどのようなことに不満や不安を抱く人物なのか、仕事や人間関係に対する姿勢を問う意図があります。例えば「上司とウマが合わない」「残業が多い」「給料が安い」等が退職理由であった場合、それをストレートに伝えたとしても、自分をアピールすることはもちろん面接官の共感を得ることもできません。
ネガティブな理由で辞めた場合でも、そのことをきっかけに現在はポジティブに将来を考え転職活動を行っているといった回答をしましょう。
終始一貫した回答で、明瞭な発声と語尾をはっきりさせることを心がけてください。

 

Q5.前の会社を辞めてから大分時間が経っているのはなぜですか?

職務経歴書にブランク期間がある場合、即戦力性に懸念を抱き、勤勉性を疑うことさえあります。転職活動を行っていたが採用されなかった、と事実をありのままに答えると、ますます敬遠される悪循環に陥ります。
必要なスキルや経験に関連する自己啓発を行ってきたという回答であれば、戦力として活躍できると期待します。自己啓発や資格取得のための勉強、転職活動から得たものを述べたり、自己研鑽に励んでいたなど前向きな回答をしましょう。

 

Q6.あなたを採用するメリットは何ですか?

自分の強みと企業が求めている人材の双方を理解したうえで応募したか、自社で貢献できる人材かを見極め、短期間で戦力となる人材かなど、採用の決め手になるポイントなどを見出そうとしています。
応募企業の求める職務能力や適性を把握したうえで、自分のスキル・経験・実績がどのように役立つかを具体的に答えます。

 

志望動機に関する質問は、事前にしっかり準備することが可能です。
転職理由や前職の経験とも関連性が深いため、回答していくうちに相互のつじつまが合わなくなることがないよう、答える内容を書き出すなどしてポイントを整理しましょう。

関連記事

カレンダー

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30